メインイメージ画像

食べるタイミングに気を配り健康的にダイエットをしましょう

ダイエットを始めて、減量中は摂取カロリーの事ばかりを心配してしまいがちになります。もちろんダイエットをする場合カロリーは重要ですが、ポイントは摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。生命活動に必要な分をしっかりと摂取しつつ、オーバーしてしまうカロリーを抑える事により健康的にダイエットを行う事ができます。

そこで大事なのが痩せやすい食事の摂りかたです。食べても太らない食べ方で一番大切になってくるのは、規則正しく食事を摂る点にあります。人が持っている体内時計は、リズムを合わせて活動と休憩を交互に行っています。

活動している時に食事をとると消費されやすくて、反対に身体が休憩をしている時に食べる事で体内に溜め込みやすく、脂肪になる割合が大きくなるのです。一般的に夜間に食べると太ると言われていますが、これは身体が休憩中に食べることが原因であると言えるでしょう。

このリズムの鍵になるといわれるのが血糖値です。血糖値が上がると太りやすく、下がると痩せやすくなっていきます。血糖値が下がっている時に食事を摂ると支障なく消化が行われて、取り込まれた栄養がすぐにエネルギーへと変わります。

各器官の動きも活発な状態になって、摂取した食べ物は身体に溜まり難く太りにくくなります。リバウンドもしにくいので健康的に痩せる事も夢ではないです。

胃腸は日中活発に運動しますが、夜になると消化のスピードが落ちてしまいます。それに昼間に比べると夜に身体を動かす事も少ないので、食べたカロリーが消費されずに体内に溜まりがちです。食事は朝と昼に正しく摂り、夜はできるだけ早い時間に軽めに食べるのがおすすめです。

ダイエットの大きな敵とされている炭水化物も、夜には控えめにするのがいいでしょう。炭水化物が必ずしも太る元ではないので、食べるタイミングに関心を示すだけで充分痩せる効果を見込めます。腹持ちも保たれますし身体を動かすエネルギーになるのです。食事制限中は食べるタイミングと中身に気を払うといいでしょう。そこに適度な運動を加える事で段々と健康的に痩せていく事ができます。

更新情報